コロラドへ大麻を吸いに行くなら知っておきたい9つの事

trip_denver_9tips
FacebooktwitterFacebooktwitter

こんばんは、年末に向けて少し早めにオフィスの大掃除をしているTheHighClassのカオルです。オフィスよりも、ガラスパイプをキレイにしたいなーと個人的には思っています。忘れないうちにモールと消毒用アルコールを買い物リストに入れてきます。

さてさて、そんなこんなでもう年末です。みなさんはどのように年越しやお正月を過ごされますか?もしかして…ついにコロラドに大麻を吸いに行っちゃいますか?

皆さんも御存知の通り、アメリカのコロラド州は嗜好品としての大麻(レクリエーショナルユース)が認められているので、医師の診断書やライセンスが無くても大麻が買えるのです。

そこで今回は、コロラドに行く前に知っておくべき9つの重要事項をご紹介致します。9つとは言え、いくつかはとても簡単な事なのでそんなに身構えなくても大丈夫です!これを読んで、コロラドでのトリップをより良いものにしましょう!

スポンサーリンク

身分証明書(ID)は必須!

大麻を売っている薬局(ディスペンサリー)はお店によって細かいルールが微妙に違うところがあります。例えば、嗜好用と医療用で並ぶ場所が違うとかそういったルールです。ただし、基本的なルールはどこのディスペンサリーも同じなので、そこまで気にする必要はありません!

コロラド州の医療用ライセンスを持っている人は医療用の列に並んで、嗜好用の人はレクリエーショナルの列に並びましょう。受付の人があなたを呼ぶか、手を招くような合図をしたらあなたの順番なので、身分証明書を受付の人に渡しましょう。本来は運転免許証が良いのですが、パスポートでもちゃんと受け付けてくれます。受付の奥や、屈強な警備員が守っている扉の奥に大麻やエディブル等のアイテムが並べられている部屋があり、ここでアイテムの購入ができます。

一般的なディスペンサリーは、その日に扱っているアイテムが書かれた大きなメニューボード(マクドナルドに置いてあるような大きいメニュー)があったり、ガラス棚の中や大きな冷蔵庫にエディブルが置かれていたりと色々あり、カウンターやキャッシャー付近には大麻についてアドバイスをくれるバドテンダー(Budtender)がいます。

購入したい物が決まっていなくても、決まっていても基本的にこのバドテンダーと話さないと(注文しないと)購入が出来ませんので、先に話している人がいる場合は後ろで終わるのを待つか、アイテムを軽く物色していましょう。

スポンサーリンク

現金の用意は大丈夫?

via GIPHY

カード社会のアメリカでは珍しく、ディスペンサリーのほとんどは現金決済しか受け付けていません。そういった理由もあってディスペンサリー内にATMを置いている所が多いのですが、旅行で行く場合は口座もカードも持っていないと思うので、現金は忘れないようにしましょう。

売っているアイテムのクオリティにもよりますが、基本的に以下の様なプライスレンジが多いです。クオリティの高いものはトップシェルフ(top shelf)と呼ばれ、他のアイテムと比べて高めです。

プリロール 巻いてある
ジョイント1本
$5〜$15
1グラム 1 gram
約1.0グラム
$10〜$25
エイス eighth
約3.5グラム
$30〜$40
クォータ quarter
約7グラム
$50〜$60
ハーフ half
約14グラム
$100〜$120
オンス ounce
約28グラム
 $130〜$140

基本的にはたくさん(例えば、一回の買い物で$100以上の購入額とか)買えばディスカウントプリロールだったり、お店が推しているストレインのサンプルが貰えたりします。ただ、大麻が目の前にあって興奮してしまうのは理解できますが、使い切れる量のアイテムを買いましょう。
※上記のスケールは一般的なコロラド州でのプライスレンジで、あくまで参考値です。

オンライン予約業界を変える!格安航空券を探すなら【Skypicker】

スポンサーリンク

医療大麻の合法化の為に
いいね ! してくれますか?