もう大麻でバッドトリップしない!誰もがフォローすべき5個のルール

FacebooktwitterFacebooktwitter

こんばんは、T.H.C.編集部です。最近めっきり外も寒くなって来ましたね。寒い日は、外に出るよりも家で映画を見ながらぬくぬくとポップコーンを貪る事が大好きなボクです。空腹感はジャンクフードを食べる時の最高の言い訳ですね。

そんなボクではありますが、映画を見る前に摂取するTHCが大好きです。420フレンドリーな友達と一緒に映画を見る時はいいのですが、過去にバッドに入ってしまった友達が一緒に楽しみたいと言ってきた場合は、その人がバッドに入らないように色々と考慮しなければいけません。

そこで今回は皆さんがバッドトリップを避ける為に守るべきルール(セッティングとも言いますね)を幾つかご紹介させて頂きますので、次回大麻を楽しむ時は、是非ご活用下さい。

1、適切な量か把握しよう

via GIPHY

これは大麻だけに当てはまる事ではないですが、自分にとって適切な量を把握するのはとても大事です。食べ物も食べ過ぎれば気分が悪くなりますし、お酒を飲みすぎれば、悪い酔いをして周りにも自分にも迷惑がかかります。それを踏まえると、大麻の使用でも同じ事が言えますね。

では初心者はどうやって適切な量を把握するか?これもお酒の例と同じです。最初から大量摂取するのではなく、少ない量での使用を積み重ね、自分にとって適切な量を把握していきましょう。人によってそれぞれ違うので、少ない量だから大丈夫という事ではありません。初めて使用する時は、慎重に慎重を重ねて極少ない量から始めるのが良いでしょう。

特にエディブルを初めて摂取する時は気をつけましょう。大麻の喫煙と違って効果が現れるまでに1時間以上かかる事がほとんどで、喫煙の時よりもマッシブに効いてきます。楽しい時間を楽しいままで終わらせたい場合、まずは「使用量」に注意しましょう。

スポンサーリンク

2、落ち着ける環境か確認しよう

via GIPHY

警察に追われてる?家庭環境が悪い?とにかく周囲のノイズがひどい?そんな状況で大麻を楽しむ事はおすすめできません。大麻は確かに鬱の治療に使われている植物で、あなたが持つ不安を緩和してくれますが、そういった状況下で使用をする事はおすすめできません。特に、大麻の所持が法律によって禁止されている地域であれば、所持による不安感が煽られて、バッドに入りやすくなります。落ち着くための一服はとても大切ではありますが、大麻を使用する事になれない間やバッドに入りやすい方は、できるだけ落ち着いた環境で使用しましょう。

スポンサーリンク

3、精神的にも落ち着こう

via GIPHY

バッドに入る原因の全てが物理的な環境に起因するわけではなく、もちろん精神的な環境にも依存してきます。あなたが最後にバッドに入った時はもしかして精神的に落ち着けなかったり、不安だったり、なにか心の隅にモヤモヤを溜めていませんでしたか?大麻は心理的にも様々な効果をもたらすので、そういったネガティブな感情に起因してバッドに入る事ももちろんあります。多幸感やリラクゼーションを得るために大麻を使用しているのに、バッドに入ってしまっては本末転倒です。心をクリアにして、まっさらな気持ちで楽しみましょう。

スポンサーリンク

4、何を吸うのか、何を使うのかを把握しよう

via GIPHY

 

自分がこれから何を使うのか、どのくらい使うのか、どういった効果があるのかを事前に知るのはとても良い事です。目隠し状態で、何がなんだかわからない物を使用するのは、精神的にも不安を煽り、それだけで十分にバッドに入る理由になります。得体の知れない誰かから貰う大麻よりも、ちゃんと信頼できる人から譲り受ける大麻であれば、それだけで安心出来き、バッドに入る確率もグンと減りますね。残念なことに、日本ではディスペンサリーがまだ無いので、あなたの友人以外から譲り受けるのは不安な要素の1つになってしまいます。譲り受けたりするのであれば、十分に気をつけて各々で正しい判断をしましょう。

スポンサーリンク

5、ネガティブに考えるのは止めよう

via GIPHY

 

最後に持ってきたルールではありますが、実はこれが一番大事かも知れません。「大麻は悪」だとか「ダメ。ゼッタイ」なんて、根拠も何もない教育を厚生労働省が(私達の税金を沢山使って)施してくれたお陰で、日本人の大勢が大麻をネガティブに捉えてしまっています。戦前の私たちが大麻と共に暮らしていた事なんかすっかり忘れ、大麻は悪いものとして認識しきっていますので、そういったネガティブな感情が、バッドトリップを引き起こしてしまうのも頷けますね。環境のセッティングも大事ではありますが、やはり精神面でのセッティングはもっと大事だと言えます。ちなみにこの認識については、大麻について知れば知る程、ポジティブな方向に向かって行きますので、お時間がある方は大麻に関する色々な記事や本を読む事をおすすめします。

スポンサーリンク

【番外編】それでもダメなら…

独りで大麻を吸ったり摂取するのはもう止めて、信頼出来る人と一緒に大麻を吸ったり、エディブルを食べたりしよう!エディブルの場合は効き方がヘビーではありますが、食べ物という形でTHCを摂取できるので、悪い事(肺に負担のかかる喫煙)をしているという精神的バリアーが軽減されるかもしれませんね。

ただし、この記事でご紹介している事は大麻愛好家の経験則に基づいたルールなので、100%バッドに入らな事を保証するものではありません。「5ヶ条をしっかり守ったのに、バッドに入ったじゃねーかファッキン嘘つき野郎!!」とかいうのは無しでお願い致します。

大麻が使えるくらい大人なのだから、責任は自分で持ちましょう。

それでは皆様、良き420ライフを。

カラフルなボングでちょっとハッピーな気分に?

ジョイントもパイプも、健康に気にしてヒットしよう

本ウェブサイト、並びにこの記事は、日本国内・諸外国等で違法薬物の使用・所持等を推奨する目的で運営しておりません。

医療大麻の合法化の為に
いいね ! してくれますか?