海外で大麻関係の仕事がしたい人が知っておくべき3個の事実

最後に

いかがでしたでしょうか?なんとなく大麻産業で働くにはどうすればいいのかというイメージが湧いたと思います。

ちなみに米国の大麻産業で大麻に直接触れる仕事(例えば、ディスペンサリーのバドテンダーや栽培者)に合法的に就きたい場合、もう少し待たなければいけないかもしれません。

何故かと言うと、現在は国家レベルではまだ大麻の取扱が違法だからです。

つまり、外国人にビザを支給してくれる会社が非常に少ないのです。

もちろんあなたが米国での労働ビザを持っていれば、上記の話は別かもしれませんし、「非合法な仕事でもOK」という事であれば、これもまた別のお話です(ただしおすすめはしません!)。

ちなみに「大麻関係であればなんでもいい!」という人の方がもちろんチャンスは大きく、職種を選ばなければ肥料を作る会社だったり、web系エンジニアのポジションだったりと色々あるみたいです。

みなさんが大麻関係の仕事に就けると良いですね。

これからも、皆様のご活躍をお祈りさせていただきます。

T.H.CのFacebookページに
いいね ! して応援をする

TheHighClassをフォローして、新着記事をいち早くゲット!
カオル
About カオル 50 Articles
カオルです。下っ端ライターです。寒い所が苦手。@KaoruTHCでくだらないツイートをしています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*