大麻のインドア栽培において、扇風機を使用するべき大事な理由3選

扇風機が必要な理由

さて、前のページではインドア栽培時の大麻草の生命力について言及しましたが、このページではなぜインドア栽培の大麻には扇風機が必要なのかをご説明いたします。

換気

グロウテント内に扇風機がある理由の1つは換気です。グロウテント内は(大麻の香りを気にしているのであれば)しめきっている事が多いので、空気がこもりやすくなってしまいます。そこで小さい扇風機をテント内に設置し、空気の流れを作り、換気を行うのです。換気を行う主な理由の一つは多湿からなるうどん粉病という病気を防ぐ為です。

温度

換気に続いて、温度の管理も扇風機でコントロールします。もちろんエアコンのように完璧に温度を調整できるわけでは無いのですが、確実に効果はあります。特にLED以外の照明をメインとして使っている場合はどうしても熱がこもってしまいがちです。そこで、扇風機の出番です。扇風機で熱風を外に送り出してやる事で、テント内が熱くなりすぎないようにコントロールできます。

環境再現

最後にご紹介する一番大事な理由環境再現です。大麻草はもともと屋外に生えていたものです(植物なので当たり前ですが…)。しかしながら、不思議な事に薬物という分類にカテゴライズされてしまった為、私達は屋内に移して、こっそりと栽培しているのです。そんな植物をハッピーにしてやる為にも、屋外の環境を扇風機で再現してあげましょう。屋外で育てているかの様に風をあててやる事によって、茎や枝の細胞が少し破壊され、それを修復する為に植物自体が強く丈夫に成長するのです。

T.H.CのFacebookページに
いいね ! して応援をする

TheHighClassをフォローして、新着記事をいち早くゲット!
ヒロ
About ヒロ 15 Articles
ヒロです。家族で見知らぬ土地へ越してきた際に、怪しいババアに名前の一部を奪われました。好きな食べ物は塩おにぎりとTHCの入ったチョコ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*