世界で最も吸われている大麻ストレインのホワイトウィドウは栽培が簡単?

ホワイトウィドウの栽培

ホワイトウィドウも好きだけど、ブラック・ウィドウはもっと大好き、T.H.Cのカオルです。

スカーレット・ヨハンソンまじ美しい。あの人に見つめられたら、素直におしゃべりできる気がしないですね

というわけで、さっそくではありますが本題に入りましょう。

大麻の栽培に関して、数あるキーポイントの中でも特に肝心なのは種選びだという事を過去のエントリーでお話しました。

大麻の品種(ストレイン)によっては、メス化済みだったり、光の照射時間を調整しなくても勝手に育ってくれるオート種だったりと色々ありますが、人気な品種は育てやすいのでしょうか?

ビギナーブリーダーの方であれば、育てやすい誰もしらないストレインよりは、誰もが知っている有名ストレインを一度でいいから自分で育ててみたくなるものです。

ちなみに、世界で最も消費されてるという伝説的なストレインはホワイトウィドウというストレインなのですが、そのホワイトウィドウは実際に育てやすいのでしょうか?

世界で最も消費されているという事は、それだけ裏・表の市場に出回っていたり、個人でも育てられているという事でもあるという事に繋げられると思いますが、果たしてどうなのでしょうか?

今回はそんな大麻栽培への疑問を解き明かして行きたいと思います。

ちなみに、こちらの記事は大麻の所持や栽培が合法な国に住んでいる方に向けた記事となっております。日本国内において、大麻の無許可栽培等は法律によって罰せられますので、絶対にやめて下さい。

それでは次のページより、お楽しみ下さい。

T.H.CのFacebookページに
いいね ! して応援をする

TheHighClassをフォローして、新着記事をいち早くゲット!
カオル
About カオル 40 Articles
カオルです。下っ端ライターです。寒い所が苦手。@KaoruTHCでくだらないツイートをしています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*