世界で最も吸われている大麻ストレインのホワイトウィドウは栽培が簡単?

ホワイトウィドウの栽培

さて、前回のページではホワイトウィドウの基本的な解説になりましたが、実際に栽培がしやすい品種なのか、簡単に解説していきましょう。

栽培する際に念頭にくるのはそのロケーションです。

つまり、インドアで手塩にかけて育てるのか?それともアウトドアで太陽の元、伸び伸びと育てるのか?

ホワイトウィドウにとってはどちらが良いのでしょうか?

なんと答えは、「どちらにも適している」です。理由としては背丈がそこまで大きくならず、香りも比較的おとなしいという事が挙げられています。

そういった理由からか、ホワイトウィドウはインドアでもアウトドアでも比較的簡単に栽培できると言われているみたいですね。

種を蒔いてから平均して約2ヶ月2.5ヶ月で収穫ができ、他の種類と比較すると若干ではありますが収穫までのサイクルが早いというメリットもあります。

しかしそんな栽培が簡単そうな品種のホワイトウィドウではありますが、栽培中に気をつけておきたい事は病気や害虫への耐性です。

ホワイトウィドウという品種は、そこまで交配の文化が盛んでは無かった時代に作られた品種なので、病気や虫への耐性は平均的だと言われています。

もしこれから栽培をするのであれば、短日処理や雌雄の選定に注意を向けるよりも病気や害虫への駆除に専念できる様、メス化済みで自動開花(オート)のホワイトウィドウの種を選ぶようにしましょう。

そんな栽培ビギナーでも育てやすい、ホワイトウィドウのメス化済み+自動開花の種はコチラからどうぞ。

今ならクーポンコードに「HIGHCLASSと入力すると、お得な価格でゲットできます。

なお、シードシティの使い方はコチラよりご確認下さい。

T.H.CのFacebookページに
いいね ! して応援をする

TheHighClassをフォローして、新着記事をいち早くゲット!
カオル
About カオル 40 Articles
カオルです。下っ端ライターです。寒い所が苦手。@KaoruTHCでくだらないツイートをしています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*