プロスノーボーダー、トラビス・ライスだって大麻合法化サポーター

プロスノーボーダーも大麻

こんにちは、寒いところが苦手でもスノーボードは嫌いじゃないT.H.Cのカオル(@KaoruTHC)です。

今回は、前回の記事に引き続きプロのスノーボーダーであるトラビス・ライス氏(Travis Rice)から心強いメッセージを頂いておりますので、どうぞご確認下さいませ。

ちなみに内容は、スノーボードに関する内容ではありませんが、誰が観ても気付かされる何かがある内容です。

日本にいる皆さんは、このメッセージをどう受け止めますか?

大切な事は“自分で考え、願いを口にして、行動に移す”事です。

国のルールは国民が決める、普通はそうだと思っています。

社会的地位の高い人間だけが得をする今の日本、果たして本当にそれでいいのでしょうか?

みんなで力を合わせて、自分たちの権利をもぎ取ってやりましょう。

トラビス・ライス氏について

米国のワイオミング州ジャクソン・ホール出身のプロスノーボーダー/フィルムプロデューサー。

11才よりスノーボードを始め、15才でプロへと転向。 これまでに、ESPY賞 最優秀男子アクションスポーツ選手賞、 ローレウス世界スポーツ賞、年間最優秀Xスポーツ選手等を始めとする数々のアワードを受賞している。

自然を相手に破天荒なライドを収録した「That’s it, That’s all」はスノーボード界隈で非常に大きな成功を収めたフィルム。

ちなみにテレビゲーム「SSX」では実際に存在する選手の中でも初めてプレイアブルなキャラクターとして登場している。

T.H.Cからのメッセージ

TheHighClassは日本で大麻合法化のサポートをしている団体であり、独立系ウェブメディアです。

これからも、合法化の後押しをするような、価値のある情報を発信し続けて行きたいと思っています。

私達は普通のメディアと違い、企業様からの広告収入を得る事がほとんど出来ません。

理由としては扱っている内容が大麻であり、ほとんどの日本人がそれを誤解している為です。

今現在、普通の日本の会社であればT.H.Cに広告を出したいと思う企業はありません(もしあれば、是非連絡を頂きたいです)。

そして、広告収入が無ければ取材が出来ず、大麻の真実を発信し続ける事も出来ません。

そうなってくると、国内で大麻の合法化は全て国任せになってしまいます。

果たしてそれはいつになるのか、どんな条件なのか?

合法化を国任せにした場合、私達国民が主導権を握る事は出来ません。

これを読んでいる貴方は大麻が好きですか?

国内でSNSを使って、囮捜査官かもしれない相手に1グラム約5,000円前後を払い続けたいのであれば、それでも良いと思います。

しかし、私達はそんな日本は嫌です。

私達は安全に大麻を購入し、誰にも怯える事なく栽培をしたいと思っています。

私達が病気になった時、私達の家族が病気になった時、私達の子供が病気になった時、私達の友人が病気になった時、そしてそれらの病気が大麻で緩和・治療出来るのであれば、私達は安全に安価に大麻を供給したいと考えています。

もしこれを読んでいる貴方が私達の理念に共感していただけるのであれば、是非ご支援をいただければと存知ます。

下記のQRコードはT.H.Cへ寄付をするページへとリンクしています。

一人一人の気持ち程度の寄付が、大麻合法化を早めます。

広告収入が現時点では困難な為、弊団体では寄付以外にも物販を行っております。

大麻の所持が犯罪の日本でも使えるアパレル製品もございますので、是非購入という形でご支援をしていただければと存知ます。

いずれ大麻が日本で合法化した際に、私達から貴方のご支援があったからここまで出来たと言わせて下さい。

何卒よろしくお願い致します。

【T.H.Cのショップはこちらから】

【寄付は以下QRコードのスキャン・タップよりお願いします】

Paypalへリンクします。

T.H.CのFacebookページに
いいね ! して応援をする

TheHighClassをフォローして、新着記事をいち早くゲット!
カオル
About カオル 38 Articles
カオルです。下っ端ライターです。寒い所が苦手。@KaoruTHCでくだらないツイートをしています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*