大麻をクローンから栽培するメリット・デメリット

クローンって何?

園芸や栽培に関わった事のない方はまずはこの「クローン」の概念から説明が必要ですよね。

クローンとは日本語では挿し木(さしぎ)、挿し芽(さしめ)・挿し穂(さしほ)等とよばれていて、園芸の世界ではとてもポピュラーな栽培方法です。

コピーを作りたい大麻株(マザー、母株、親株などと呼ばれます)の一部をカットして、生育培地にそのクローンを植えると、カットした部分が根になり、そのまま収穫できるまで成長させる栽培方法です。

パソコンで言うところのコピー&ペーストみたいな栽培方法と考えるとわかりやすいかもしれないですね。

T.H.CのFacebookページに
いいね ! して応援をする

TheHighClassをフォローして、新着記事をいち早くゲット!
カオル
About カオル 38 Articles
カオルです。下っ端ライターです。寒い所が苦手。@KaoruTHCでくだらないツイートをしています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*