大麻体験談:One Last Hit.

キメたい合コン

今夜の飲み会にはどうしてもぶっ飛んで行きたかった。

風俗嬢とは初対面でも話せるが、合コンは苦手だった。

エロくて、変態で、妄想好きだが、中学高校の6年間を男子校で過ごしたせいか、俺の性癖はかなり異常らしい。

風俗嬢にも「お客さん、変態だね。」と褒められるほどだ。

さて、コンパの待ち合わせ場所に着く頃には良い感じにトンでいた。

待ち合わせ場所には目が真っ赤なアキラがいた。

アキラに煙草を持っているか聞いたら「持ってないから買いに行こう!」と二人で居酒屋を出た。

これが二人の合い言葉で、どこかで大麻を吸おうという合図として使っていたのだ。

居酒屋付近の雑居ビルのトイレでアキラの大麻をごちそうになり、ぶっ飛んで居酒屋へ戻った。

これで女の子と話せる。

誰とでも仲良くなれる。

しかし、調子に乗って下ネタを連発し過ぎ、女の子の目は笑っていなかった…。

23時30分、楽しいコンパも終わりが近付き、「チャンスがあれば女の子をお持ち帰りしたいけど、アキラの大麻を吸いながらパルプフィクションかジャッキー・ブラウンでも見るかぁ…」と考えていたら、アキラが女の子を連れて消える準備を始めていた…。

「アキラ~、煙草!」と声を掛けたら、ウィンクをしてマルボロを投げてきた。

女の子たちの飲み代も払い、その日はひとり寂しく居酒屋を出たのだった。

マルボロの箱からジョイントを出し、一服しながらタクシーを待つ。

「キメセクもいいけど、【女】か【大麻】の二択なら、大麻を取るかなぁ….」とやせ我慢をする夜だった。

T.H.CのFacebookページに
いいね ! して応援をする

TheHighClassをフォローして、新着記事をいち早くゲット!
Media_Manipulation
About Media_Manipulation 8 Articles
大麻歴は約四半世紀、西海岸のパンクロックと大麻と風俗が生きがいの不良サラリーマン

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*