大麻をインドアでも大きく育てる?トランスプラントは絶対しよう

植替えのメリット?

ここでは植替えのメリットや必要性についてお話をしますが、その前に植替えのお話をした後に高い頻度で頂く質問の「なぜ最初から大きな鉢で育てないのか?」という事についてご説明いたします。

大麻の栽培をしている人の多くは最初から大きな鉢で栽培をはじめません。それには理由があり、植物が小さい時に大きな鉢で育てると、水をあげ過ぎたり、その結果植物自体が水と酸素をしっかりと吸収できなくなる事があるそうです。そういった理由もあり、植物が小さい時には小さい鉢で栽培した方が成長のスピードが早いので、最初は小さい鉢で栽培を始めます。ちなみに、最初から大きな培地で育てるのが全くの間違いだという事でもありません。

植替えのメリットは植物の成長が良くなり収穫も増え、さらに根腐りしにくくなる事だと言えます。大麻草は土から栄養を吸収しながら育っていきます。そのため植物の為に栄養を保持できる培地が多ければ多いほど、植物が大きく成長するという事です。根腐れに関しては、小さい鉢だと根っこの成長が進むにつれて排水がうまくできなくなったりするので、植え替えを行う事でその問題を起きにくくします。

植え替えタイミング?

さて、植え替えのメリットや方法をこれまで解説してきましたが、肝心のタイミングについてはまだお話してませんでしたね。植え替えのタイミングが遅すぎると小さい容器の中で根っこが絡まって、窒息と似たような症状が起こり、成長のスピードが著しく落ちます。

植え替えのタイミングは、苗から本葉が数セット生えてきて、葉っぱがカップのフチまで届くようになった頃が良いタイミングです。

さて、いかがでしたでしょうか?トランスプラントに関してわからない事があれば、TheHighClassのツイッターへDMを送るか、YouTubeのコメント欄で質問をしてみて下さい。もちろんフォローチャンネル登録は忘れずに!

【PR】

T.H.CのFacebookページに
いいね ! して応援をする

TheHighClassをフォローして、新着記事をいち早くゲット!
カオル
About カオル 50 Articles
カオルです。下っ端ライターです。寒い所が苦手。@KaoruTHCでくだらないツイートをしています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*