大麻をインドアでも大きく育てる?トランスプラントは絶対しよう

トランスプラントってどうやる?

大麻を大きな鉢に植え替えるメリットや細々とした説明は次に説明するとして、どのようにトランスプラントを行うのかを動画でご紹介いたします。

実際に植え替え作業を行う前に、栽培中の大麻草に菌が感染しないよう、必ず手を洗い殺菌をしましょう。もちろんアルコールで手を殺菌しても構いません。次に植え替える鉢に培地を用意します。この時に植木鉢を満タンにする必要はありません。なぜなら、植替え元の培地を一緒に次の大きな鉢に移動させるからです。その代わり、植え替え先には事前に十分なスペースを作っておいてあげましょう。

小さい鉢から苗を取り出す際は、鉢をもみほぐしてやり、そのまま手で支えながら逆さまにするとすっぽり抜けます。そのすっぽ抜けた苗を大きな鉢に移してあげます。移す前に菌根と呼ばれる微生物を培地に撒いて、移植後の根の活性を促したりしますが、この動画では何も使わずに行っています。

移し替える前に新しい培地に水を予め含ませると、移し替えた後も均一に水が染み込んでいくので、もし余裕があれば予め培地に水を与えても良いかもしれませんね。

最後に移殖した後の鉢に培地が少なければ、培地を足してあげて苗を安定させてあげましょう。トランスプラントの手順は以上です。

T.H.CのFacebookページに
いいね ! して応援をする

TheHighClassをフォローして、新着記事をいち早くゲット!
カオル
About カオル 50 Articles
カオルです。下っ端ライターです。寒い所が苦手。@KaoruTHCでくだらないツイートをしています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*