大麻をクローンから栽培するメリット・デメリット

クローン栽培のメリット

さっそくではありますが、大麻をクローンから栽培する時のメリットを見ていきましょう。

バッズが必ず収穫できる

大麻をクローンから栽培する最大のメリットはおそらくこの、「成熟すればバッズが必ず収穫できる」という事ではないでしょうか?クローンは母株の双子を作るようなものなので、性別効き方、さらには収穫量等の遺伝情報も同じという事です。つまり、クローンを作成する時にオス株からカットしない限り、育てた大麻は必ずメス株という事です。…まさかオス株のクローンを作ろうなんて考えてませんよね?

時間の節約ができる

クローンの栽培面におけるもう一つのメリットはこの時間の節約です。クローンから栽培をするという事は、すでに発芽雌雄鑑別というプロセスが終わっているはずです(…ちゃんと終わってますよね?)。時間の節約ができるという事は、収穫までの時間も短縮できるという事ですね。

お金の節約ができる

お金はとっても大事です。大麻の栽培だって出来るだけ低予算で成功させたいですよね?そんな時の為のクローン栽培です。せっかく大麻の種を買ったところで、それが発芽しなければお金の無駄になってしまいます。でもクローンならそんな心配はありません。なぜなら既に発芽しているからですね。

大麻の品質が一定に確保されている

上でも記述しましたが、クローン栽培はオリジナル(マザー)の遺伝子情報をそのままコピーするという事です。つまりどマザーの品質がそのままトレースされるという事ですね。種から育てた場合は、同じ品種の中でも種ごとに違いが表れますが、クローン栽培は同品種間のクオリティのばらつきがありません。つまり、品質が良くても悪くても、品質を一定に保つ事ができるというメリットです。

スポンサーリンク

T.H.CのFacebookページに
いいね ! して応援をする

TheHighClassをフォローして、新着記事をいち早くゲット!
カオル
About カオル 34 Articles
カオルです。下っ端ライターです。寒い所が苦手。@KaoruTHCでくだらないツイートをしています。