超危険!?大麻の吸いすぎには致死量があって死亡する!

大麻で人が亡くなる致死量

先程のページでは、アルコールの薬効量と致死量の比が1:10という事を理解していただいたと思いますが、このページでは同じ考え方を用いて大麻の薬効量と致死量について見てみましょう。

東京銀座クリニックの院長を務める、福田一典氏の著書医療大麻の真実によると大麻に関する先ほどの比は、1:1000以上という驚異的な数字でした。

現在、様々な先進国で大麻の使用に関して開放が進んでいるのは、この大麻の安全性(致死率の低さ)医療用途として十分な使用価値があると認められているからというのも一つの理由ですね。

ちなみに、別の本ではありますが”Weed: The User’s Guide“の著者である、David Schmader氏によると、15分以内1500ポンドの大麻を消費しなければ、致死量に達しないという事みたいです。

1ポンドが約453グラムとして、1500ポンドは約680キログラム相当になる計算です。

680キログラムなんていう大量の大麻を用意するのもかなり大変ではありますが、その量を15分以内摂取してやっと致死量に達するという事は、基本的に大麻の過剰摂取(オーバードーズ)で人が亡くなるという事はあり得無さそうですね。

ちなみに、嗜好品や医療用途としての大麻を開放したアメリカでは、大麻の使用が直接の原因で死亡したケースは今までに無いという事がNBCの記事でも取り上げられているみたいです。

さて、この記事を通して大麻の安全性について、少しは理解出来たのではないでしょうか?

今後「大麻は危険だから日本に必要無い」とか「大麻で人が死ぬ」なんて言う人がいたら、この記事のURLをぶん投げてやって下さい。

あ、あと完全に余談なのですが、インスタグラムで#Tokyomeltdownって検索すると、アルコールで酔いつぶれた人達の画像がいっぱい見れますので、暇つぶしに覗いてみて下さい。

いや〜、アルコールって怖いっすね…

T.H.CのFacebookページに
いいね ! して応援をする

TheHighClassをフォローして、新着記事をいち早くゲット!
カオル
About カオル 38 Articles
カオルです。下っ端ライターです。寒い所が苦手。@KaoruTHCでくだらないツイートをしています。