大麻体験談:One Last Hit.

大麻が無い

道具箱の中にあるジップロックは全部空っぽだった。

冷蔵庫、冷凍庫、チルド室…

どこかにまだ残っていると思っていたが、ジップロックコンテナはすべて空っぽだった。

先週末に吸いすぎた…。

今夜の分も吸ってしまった…。

手持ちの大麻が、無い。

全く無いのだ。

仕事は前倒ししないが、大麻の前倒しは良くやってしまう。

ここでまで来ると、もう最後の手段しかない。

30枚ほどのジップロックをすべて裏返し、隅に残っている粉を集めるのだ。

さらにパイプやボングを分解して、タールを集める。

名付けて【必殺・お掃除作戦】だ。

「アメリカならこんなことしないのに、みみっちいなぁ」と思うけど、仕方がないここは日本なのだ。

大麻は地金より高価だ。

努力の甲斐もあってか、20~30分後にはパイプのボールが満たされる程集める事が出来た。

パイプ、ライター、ポリ袋を並べ、この1ヒットにすべて賭ける。

タール混じりの粉が「パチパチパチッ」と音を立てて燃え、濃厚な煙が肺に入る。

失神寸前まで息を止め、煙をポリ袋に吐き、ポリ袋に吐いた煙を吸い、またポリ袋に煙を吐く…。

そんなことを数回繰り返してから家を出た。

スポンサーリンク

T.H.CのFacebookページに
いいね ! して応援をする

TheHighClassをフォローして、新着記事をいち早くゲット!
Media_Manipulation
About Media_Manipulation 7 Articles
大麻歴は約四半世紀、西海岸のパンクロックと大麻と風俗が生きがいの不良サラリーマン