良質な大麻を栽培したい人が行うべき簡単な6つの事

環境のコントロール

湿度温度の管理は何が何でもしっかりとコントロールしましょう。

とはいえ、四六時中監視しているわけにもいかないので、基本的には29℃を超えず、15℃以下にならないように管理しましょう。

相対湿度は栽培している大麻のフェーズによって異なりますが、一般的には40%から50%付近をキープ出来るように心こころがけましょう

栄養期であれば60%から70%までは耐えられるそうですが、収穫が出来る段階であれば30%〜40%付近にとどめておくことが望ましいと言われています。

発芽段階の植物は上記と比べ、耐えられるレベルが異なる事が多いそうなので、葉っぱの表面などを注意深く観察し、植物がストレスを感じていないかこまめにチェックしましょう。

栽培環境のコントロールにはエアコンやヒーター、さらには加湿器や除湿機などを活用しましょう。

もちろんそれらを数値化する為にも計測系は用意した方がいいですね。

スポンサーリンク

T.H.CのFacebookページに
いいね ! して応援をする

TheHighClassをフォローして、新着記事をいち早くゲット!
ヒロ
About ヒロ 12 Articles
ヒロです。家族で見知らぬ土地へ越してきた際に、怪しいババアに名前の一部を奪われました。好きな食べ物は塩おにぎりとTHCの入ったチョコ。