大麻を栽培する時に注意すべき6つのポイント

適切な光量

植物が化学反応を起こして、二酸化炭素を糖に変換させる為には十分な量の光エネルギーを必要とします。

つまり、十分に光を供給できていないと成長に多きな影響がでるという事でもあります。

光の足りない状況下で育った植物は、光を沢山吸収しようとして自身をストレッチさせる為に、葉が少なく、さらに薄くなる傾向にあります。

その一方で、光をあげすぎると葉がヤケドしてしまい、弱ってしまいます。

ここで大切なのは、インドア栽培の場合はそういった問題を避けるために光源と植物の距離をしっかりと調整するという事です。

屋外で大麻を栽培する場合は、光のコントロールが非常に難しくなってきますが、できるだけ太陽の下に植物が来て、光に曝されるような最適な場所においてあげましょう。

開花期に移行する大麻草において、光の量や強さは、栄養と同じくらい大事な部分を担っていますので、栽培家はしっかりと理解しておきたい大事な要素であります。

スポンサーリンク

ヒロ
About ヒロ 11 Articles
ヒロです。家族で見知らぬ土地へ越してきた際に、怪しいババアに名前の一部を奪われました。好きな食べ物は塩おにぎりとTHCの入ったチョコ。