車の中でのブリブリ【20代・男・リョウ】の大麻体験談

大麻をやめるきっかけ

実は私はもう大麻の喫煙はやめている。

初めて大麻を吸ってから、友人Bとよく遊ぶようになったのだが、そのほとんどは大麻関連で、焚きたいから一緒にいるみたいな感じだったのだ。

もちろん、楽しかったし後悔はしていない。

ただ、ある日いつものように大麻を吸っていると、バッドドリップしてしまったのだ。

友人Bと、友人Bの後輩と私の3人で大麻を焚いていたのだが、大麻を吸った後に、軽いノリで「肩凝ってるんだよねー、肩マッサージしてよ笑」頼んでマッサージをしてもらったのがいけなかったのかもしれない。

かなり強めに、しかも念入りにマッサージをしてもらい、マッサージが終わると、羽が生えて肩が浮いているような感覚になった

肩から背中にかけて発砲スチロールで海に浮かんでいるみたいな感じがした。

しかし、そんな感覚を楽しんでいたのも束の間、いきなり地球に引き寄せられるような感覚が襲ってきた。

いわゆるストーン(石の様になる)だ。

次第に体調が悪くなっていき、吐き気がした。

座って目を開けると吐きそうになる。

仕方がなくずっと目をつぶって耐えていたが、結局耐えきれずに嘔吐した。

しかし嘔吐さえも気持ちよく感じてしまい、大麻って凄いなと考えながら、さらにまた戻してしまった。

友人Bと後輩が駆け寄ってきて「お前、大丈夫か…?」と車に乗せて家まで送ってくれた。

その日は家に着いて寝てい、翌日目が覚めると、まだ覚めていなかった。

「あれー、おかしいなぁ…ブリってるじゃん、なんで???」と思いながら、その日は1日なにも出来ずに、翌日に。

しかし、翌日に起きてもまだ覚めていなかった。

全てが凄くスローに感じて、ふんわりしているような、そんな感覚が3日間続いたのだ。

その後、いつの間にかシラフになり、この時の体験についてよく考えた。

「こんな何もできない日が続いたらやばいことなるよな…」

「友人Bには大麻にはフラッシュバックなんてないよ、被害妄想入ってるねって言われたけど、実際ブリブリの感覚残ってるし…」

「もうやめよう。元々どんな物なのか知りたかっただけだし。」

検討の末、大麻の喫煙を辞める事に決めて、その日から今まで1回も使う事はなかった。

スポンサーリンク

T.H.C編集部
About T.H.C編集部 53 Articles
T.H.Cの編集部です。大麻に関しては厚生○働省よりも、まともな事を発信出来ていると思います。医療大麻を解禁すべく、一生懸命がんばります。