マリファナを吸ってヘルス嬢とセックスしたら出費がまじでやばかった

大麻が引き寄せた女性

マユちゃんとの出会いは前週の金曜日。

その日は苦手な客との忘年会だったので大麻でぶっ飛んで参加し、その帰り道で見つけたファッションヘルスにフリーで入ったのだ。

マユちゃんは俺が好みのタイプだったらしく、店では禁止されている本番行為を許してくれた。

俺は小さな貿易会社の営業課長、小遣いは5万円だが、週に1~2回はファッションヘルスやソープランドへ通っていた。

そんなに遊ぶ金がどこから来るか?

それは、もちろん大麻だ。

当時、サーファーから仕入れていた大量の大麻を、仕入れ値の1.5~2倍で売り捌き、毎月30万円程の利益を得ていたので、遊ぶ金に困る事なんか無かった。

しかも顧客は会社経営者や高額所得者ばかりの、いわゆる富裕層

毎月50~100グラムなんて、あっという間に捌けたのだ。

さて、風俗店100回記念の今日は定時に仕事を終え、公園のトイレで大麻を吸い、ファッションヘルスへ向かった。

「西村さん、目が真っ赤だよ!大丈夫?今日は5時間もあるけど何する?」と言うマユちゃんをさっそく押し倒した。

ファッションヘルスのシャワールームで一服して、また押し倒した。

お土産で持参したケーキや弁当を食べて、またまた押し倒した。

大麻を吸ってセックスするのは最高だ。

最後はマユちゃんと一緒に一服した。

マユちゃんも大麻の経験者だったが、俺の自慢のネタでクラッシュしてしまい、二人とも寝てしまった。

スポンサーリンク

Media_Manipulation
About Media_Manipulation 7 Articles
大麻歴は約四半世紀、西海岸のパンクロックと大麻と風俗が生きがいの不良サラリーマン