ラッパー「RITTO」の大麻取締法違反での逮捕について県警に聞いてみた

現物が無くても逮捕は可能

I氏と電話が繋がり、1番最初に質問した内容は現物(大麻)を証拠として抑えていない場合のケースでも逮捕が出来るのか?という事。

彼は「可能ですよ」と落着きながら答え、他にも現物が無くても逮捕出来るケースを教えて頂いた。

I氏曰く、防犯カメラに(大麻を)持っている状況が映っていたり、他にも客観的状況があれば逮捕が出来るそうだ。

ちなみにこの客観的状況は「その人物に対する風評(警察が行う聞き込み)」も適応するらしい。

ただし、当たり前ながら本来ならこういった風評(客観的状況)だけで、逮捕までは踏み切れないという彼は言う。

上記にあげたカメラの画像(客観的状況)だけで、見た目が大麻だから逮捕するという事は出来ないらしく、警察が抑えた何かしらの鑑定結果があったからこそ、今回前原容疑者が逮捕されたとI氏は言う。

ちなみに、現物が無くても逮捕が出来る理由は警察の捜査手法について触れてしまうらしく、回答はいただけなかった。

スポンサーリンク

T.H.CのFacebookページに
いいね ! して応援をする

TheHighClassをフォローして、新着記事をいち早くゲット!
カオル
About カオル 31 Articles
カオルです。下っ端ライターです。寒い所が苦手。@Kaoru_Calでくだらないツイートをしています。