大麻初体験@Hawaii

サーファーと大麻

1時間くらい経って部屋のチャイムが鳴った。

1~2歳の子供を抱っこしたTシャツ、短パン、ビーチサンダルの男だった。

まるで友達が遊びに来たみたいで、簡単な挨拶を交わし、ジップロックをポケットから出した。

ジップロックには薄緑色の塊が5~6個入っていた。

爽やかなサーファー風のプッシャーは“Kona Gold, 200 dollars”と言いながらジップロックを渡してきた。

舟木さんがプッシャーに200ドルを手渡し、ジップロックを受け取った。

「コナゴールド?!?!聞いたことあるぞ!うわっ、凄い!いい匂い!ネトネトだぞ!」と大興奮。

お金を受け取ったプッシャーは“See you.”と言いながら爽やかに去って行った。

舟木さんはアルミホイルで手際よくパイプを作り、一服した。

部屋中に薬草のような香りが広がった。良い匂いだった。

5分も経たないうちに舟木さんの目じりが下がり、「誰か吸う?」と3人の前にパイプを突き出した。

誰も手を出さなかった。

全員大麻未経験者だった。

舟木さんが大麻取締法麻薬取締法の違いを語り始めた。

大麻麻薬が全くの別物であること、大麻植物麻薬は人口的に作られた化学化合物であること、等々いろいろ聞いた。

スポンサーリンク

Media_Manipulation
About Media_Manipulation 4 Articles
大麻歴は約四半世紀、西海岸のパンクロックと大麻と風俗が生きがいの不良サラリーマン