大麻の栽培を室内で行う4つのメリット

気候の管理が楽

via GIPHY

最初に栽培設備さえ整えてしまえば、後の管理や栽培自体が断然楽なのもインドア栽培の利点です。

インドアであれば日光の照射時間もコントロールできますし、気温の管理だって人工的に(ほぼ)完璧にコントロールして栽培ができるわけです。

さらにつけ加えるのであれば、植物へ与える栄養管理すら、インドアだから コントロールが出来るわけですね。

人工的にセットアップできる要素は気温、換気レベル、二酸化炭素濃度、そして与える肥料についてです。

つまりインドア栽培では、その植物に的した量の肥料や要素の供給が可能という事です。

さらに嬉しい事に、インドア栽培家はカビの原因である湿度や、水不足による干ばつ、そして全ての努力が一瞬にして台無しになる台風による被害に関して、ほとんど心配をする必要が無いと言う事です。

こういった側面で、インドアで大麻を栽培する事は、素晴らしい品質の大麻を生産する確率を高める事が出来るわけですね。

アウトドア栽培の場合は常に変化する自然の動きを読まなければいけないので、品質の良い大麻や、安定した収益を確保する為のハードルがグッと高くなりそうです。

スポンサーリンク

カオル
About カオル 23 Articles
カオルです。下っ端ライターです。寒い所が苦手。@Kaoru_Calでくだらないツイートをしています。

コメント一覧

コメントを残す


*