禁煙したい?大麻の力を借りよう!

脳内報酬系 

via GIPHY

さて、前回のページでは麻薬の話が出ましたが、ここでは麻薬と依存性のメカニズムを簡単に説明させて下さい。

人間の行動のモチベーションには「快感」を求める事がキーとなっていて、こういった快感が生まれる仕組みを「脳内報酬系」と呼んでいます。

欲求が満たされる事がわかった時、もしくは満たされた時に脳が活性化して、快感の信号を与える神経系です。

例えば、あなたが何か達成した時、心の奥底で「気持ち良い!!」と感じた事はありませんでしたか?

それが、今話している「脳内報酬系」です。

そして、先ほどの神経系が刺激されると、脳にドーパミンという脳内物質が分泌され、快感を感じるようになります。

そしてそのドーパミンの生産を増やすのが、オピオイド・コカイン・アンフェタミン・ニコチン・アルコールと呼ばれている麻薬たちです。

つまり、ドーパミンを放出するという快感が引き金となって、麻薬中毒依存症になってしまうわけですね。

スポンサーリンク

T.H.C編集部
About T.H.C編集部 53 Articles
T.H.Cの編集部です。大麻に関しては厚生○働省よりも、まともな事を発信出来ていると思います。医療大麻を解禁すべく、一生懸命がんばります。