バッドトリップ 体験談 – 大麻

バッドトリップを体験

via GIPHY

追突事故

通行人のひき逃げ

警察

多額の賠償金

彼女が死ぬ

皆死ぬ

バッドトリップ中は、一秒毎にこういった悪いイメージがグルグルと頭の中に渦巻きます。

その友達に車を停めてくれと二人でせがみますが、友達は「大丈夫大丈夫!いつもこんな運転だから」とか言うので、ボク達はいつ死ぬんだろうと思ってました。

最終的に彼女は軽い過呼吸と腰が抜けて歩けなくなり、ボクは嘔吐感がひどかったので、最終的には路肩に車を停めてもらい、その友達をおいてタクシーで帰りました。

家に着くやいなや、ベッドに寝転がってリラックス。

ただ、目を閉じていても、開けていてもひどい目眩に襲われます。

彼女はずっと泣きながら怒ってるし…もうずっとパニック状態。

当のボクもずっと独り言の様に頭に浮かんだ事故のシーンについて話してるし…ずーっと心臓はバクバクだし。

もう最悪…

ルームメイトに今の状態を話すと、「不安を感じさせないようにした方が良いよ〜」との事だったので、自分にも彼女にも「大丈夫だよ〜」と30分程言い聞かせ続け、普通に話が出来るくらいには落ち着きました。

それでもまだ彼女の手足はすごく冷たくなって震えていたので、暖かいスープを作ってあげ、自分はチョコレートをかじって、やっと一段落しました。

いやー、バッドトリップ怖いね、嫌だね。

スポンサーリンク

カオル
About カオル 23 Articles
カオルです。下っ端ライターです。寒い所が苦手。@Kaoru_Calでくだらないツイートをしています。