大麻の影響と車の運転:よく吸う人程リスクが少ないけども乗るべきではない

influence of cannabis to ability of driving

大麻の影響と運転

via GIPHY

大麻の影響と運転のリスクは、長年話されているトピックの内の1つです。

特に日本では、合法ハーブのせいで大麻に関する根拠の無い情報やイメージが流布してしまったので、大麻と運転のリスクについてはしっかりと話し合わなければいけません。

2018年の1月1日、アメリカ合衆国のカリフォルニア州では、嗜好品として大麻の使用が出来る様になった事が記憶に新しいですが、あの広大な土地を考えると、車を使わないと移動はかなり不便だと思われます。

公共の交通機関がある時間や場所であれば、後の事を気にせず大麻を使用できますが、自分で運転しないとたどり着けなない場所に住む人達は、出先での大麻の使用は控えなければいけません。

以前、大麻とアルコールの影響下での運転リスクを比べ、大麻の影響を受けた運転は、アルコールの影響を受けた運転の1/114程のリスクだという事がわかりました。

ただ、それはあくまで数字上のお話なので、やはりそういった影響下では車を運転しない方が賢明だと言えます。

しかしながら、日本で大麻の影響下にある人が運転をする実験は出来ないので、実際にどれ位の危険度か想像がつかないと思います。

そこで今回は、実際に大麻の影響下で運転の実験をする動画をお見せしたいと思います。

スポンサーリンク

T.H.CのFacebookページに
いいね ! して応援をする

TheHighClassをフォローして、新着記事をいち早くゲット!
カオル
About カオル 34 Articles
カオルです。下っ端ライターです。寒い所が苦手。@KaoruTHCでくだらないツイートをしています。