コロラドへ大麻を吸いに行くなら知っておきたい9つの事

FacebooktwitterFacebooktwitter

会話を楽しもう

via GIPHY

ディスペンサリーでは会話を楽しみましょう。特にバドテンダーとの会話はあなたにとって素晴らしい体験になると思います。せっかく旅行に来ているのだから、沢山のことをローカルの人達から学びましょう!

英語が喋れなくっても大丈夫!単語で話したっていいんです。初めてディスペンサリーに来たのであれば、わからない事だらけだと思います。そんな時は独りで悩むよりも誰かに聞きましょう、バドテンダーは大麻のスペシャリストですから興味深い話をしてくれるはずです。大事なのはその旅行を楽しむ気持ちです。

スポンサーリンク

写真撮影?周りを見よう!

via GIPHY

スマホが発達したおかげでいい写真がすぐに撮れるようになりましたね。旅行中なので沢山の思い出をスマホに残したいのもわかります。だけど一旦周りを見渡してみましょう、もしあなたのいる場所がディスペンサリーの中であれば写真を撮るべきではないかもしれません。

一般的なディスペンサリーは壁に「No Photo Allowed(撮影禁止)」のサインがあったりします。購入したアイテムを宿泊先に持ち帰って写真を撮るのは問題ないのですが、ディスペンサリーの中にいる場合は一旦周りを見て、サインがサインがあるかどうか確認した方が良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

ポッケにジョイントない?

via GIPHY

最後になりますがこれが一番重要です。コロラドを楽しむのはとても素晴らしい事ではありますが、コロラドで楽しむ物はコロラドで消費しきってしまいましょう。持ち帰えるのは合法なお土産と楽しかった思い出だけにしましょう。

意図的でなくともポケットに吸いかけのジョイントがあったら大きなトラブルになります。空港へ行く前にそういったチェックを忘れずに!

スポンサーリンク

おまけ:体験を投稿!

via GIPHY

旅の思い出をTwitterやFacebookに投稿する事は、その時を振り返るのに便利ですよね。もし余裕があればコロラドで使った大麻のレビューをKusaWakeに投稿するのはどうでしょう?

KusaWakeは日本語ベースの緩やかな大麻コミュニティです。ここにアナタのレビューがあれば次に大麻を求めに来る日本人の助けになります。TwitterやFB以外で大麻の話は盛んではないですが、KusaWakeでは特定のストレインについて日本語で語れるので疾患や様々な症状に悩んでいる人があなたのレビューを読み、医療大麻の使用を考えるかもしれません。

さらに、自由に話せるコミュニティが増える事によって、大麻は麻薬だという間違ったネガティブなイメージを払拭する事もできますね。

最後に

さて、いかがでしたでしょうか?今回はかなり長い記事にはなりましたが、大事なポイントを抑えましたので是非参考にしてコロラドへの旅行を楽しんで下さい。初めて行く場合は仲のいい友達だったり、医療大麻をよく知っている人達と行くのがいいかもしれませんね。

もしこの記事が役に立ったらSNSでシェアして下さい、Sharing is Caring(分かち合うことは助け合うこと)ですからね!

それでは、良きストーナーライフを!

参照:Leafly

医療大麻の合法化の為に
いいね ! してくれますか?