え!?あの有名俳優も?大麻関係で逮捕歴のある有名人まとめ【田中君もいるよ!】

arrested_800x400
FacebooktwitterFacebooktwitter

日本の隠れ大麻愛好家が一番恐れている事、それは大麻取締法違反。

直近では元KAT-TUN田中聖が渋谷の路地で大麻取締法違反の容疑で現行犯逮捕され同氏の尿から陽性反応がでましたが、芸能界といえば昔から大麻と仲がいい場所ですよね。

そこで今回は、過去に大麻取締法違反で逮捕歴のある芸能人をまとめてみましたので、どうぞご覧下さい。

スポンサーリンク

高樹沙耶 本名:益戸育江

海外で大麻を経験し、その後自身は選挙に出馬をしマリファナの医療的価値とその可能性を訴えるもあえなく落選。

2016年10月25日、沖縄県石垣市の自宅で乾燥大麻を数10グラムを所持、大麻取締法違反の容疑で麻薬取締部に現行犯逮捕されました。

同法律違反で捕まった芸能関係の方々は記者会見で謝罪をしたりするのですが、恐らく高木さんは唯一最後まで大麻の可能性を訴えるという骨太ぶりでした。

かっこいいですよね?

各方面で『反省がない』という事を言われてはいますが、真剣に大麻草と向き合っており、先進国の論文でもその医療的価値が認められているので、そもそも反省なんて必要ないのでは?というのが私達TheHighClassの正直な気持ちでもあります。

日本の法律を破った事については確かに良くない事ではありますが、すでに罰則を受けた後の同氏の発言や態度を責めるのは、どうなんでしょう?

スポンサーリンク

田中聖(元KAT-TUN)

誰もが御存知、元「KAT-TUN」の田中聖。

2017年5月24日、同氏が運転していた車の運転席と助手席の間に大麻を所持していたという理由で、大麻取締法違反の疑いで現行犯逮捕されました。

TVニュースからの抜粋で、『発見された大麻は、幻覚作用が強力なものだという事がわかった』という一節があるのですが、WHO(世界保健機関)や欧米諸国の大麻に関する論文には、大麻が幻覚を引き起こすというデータはありませんが、研究結果に基づかない情報を発信している日本のメディアは大丈夫なのでしょうか?

しかしイケメンですね。

スポンサーリンク

長渕剛

1995年の1月末、ミュージシャンである同氏も大麻取締法違反で逮捕されてます。

正直、ミュージシャンと大麻という組み合わせはいっぱいあり、いちいち全部は紹介しきれないのですが、こんな大物も捕まってます。

関係ないですが、ターミネーターに似てますね。

スポンサーリンク

勝新太郎

1990年1月、ハワイのホノルル空港で下着にマリファナとコカインを入れていたとして現行犯逮捕されてます。

今時の若い子って勝新太郎なんて知らないですよね?

あの、ワンピースのイッショウのモデルの人です。

しかし、パンツにマリファナとコカインをぶち込んで、密輸を試みるってなかなかファンキーですね。

マリファナは(合法の国では)いいけど、コカインはダメ、絶対ですよ!

スポンサーリンク

いしだ壱成

石田純一(俳優)の息子、いしだ壱成です。

2001年8月に大麻取締法違反で逮捕されてます。

お父さんに似てイケメンですね。

この写真はいいけれど、最近の写真だと前髪のボリュームが減ってきてるっぽいです。

まぁ、髪はどうであれイケメンに変わりはないんですけどね。

スポンサーリンク

最後に

正直なところ、大麻取締法違反で捕まった芸能人なんかNA○ERまとめをチェックしたほうが早いと思いますし、いっぱい載ってますよ。

今回この記事で伝えたかった事っていうのは、大麻取締法違反で過去にたくさんの芸能人が捕まってますけど、そんな大した事じゃないよって事です。

しかしながら、日本では大麻の所持で捕まりますので、これを読んでいる方々はくれぐれも所持しないで下さい。

ちなみにこの記事は、日本国内で大麻の所持を推奨するものでもなんでもありませんので、そこの線引は各自よろしく!

早く、日本でも大麻が合法になればこんなクソみたいなまとめ記事書かなくても済むので、ジ●ニーズが大好きなそこのアナタ!

こんな記事読んでいないで、医療大麻合法化の運動の手伝いでもしましょうよ!

田中さんが愛してる植物について、もっと知って解放運動を起こしましょうよ!

今こそ一丸となる時なんじゃないですか?

…え?…ちがう?

がん治療の選択肢を増やそう! 医療大麻入門 (veggy Books)

もうやめよう嘘と隠しごと 健康大麻という考え方

医療大麻の合法化の為に
いいね ! してくれますか?