マリファナマーチって何?大麻って大丈夫なの?

Marijuana_march
FacebooktwitterFacebooktwitter

暖かくなってくると春の陽気につられて変な人が増えるとは昔からよく言われてはいますが、マリファナマーチもその一つなのでしょうか?

大音量で音楽を流しているスピーカーに連れられて、ユニークな格好をした人の集団がマリファナの安全性や有用性を語っています。

これは毎年5月頃、都内で行われるマリファナマーチというものですが、マリファナとあまり親しみのない日本人にとってこれほど異様なマーチはあまりないと思います。

理由の一つとして、私達日本人は義務教育の期間にマリファナ(大麻)という植物が麻薬だと教えられた背景にあるかと思います。

さらに、TVや新聞・雑誌といったマスメディアも、マリファナを他の麻薬と同じ様に扱って報道していたりもします。

そんなマリファナに対する間違った情報や現状を打破するためにも、一般市民でもマリファナへの知見がある人達が集まり、上記の様なマーチを行っているみたいです。

スポンサーリンク

マーチの目的は?

マリファナマーチの第一の目的は、医療大麻の解禁という事になっています。

現状、諸外国で医療用・嗜好用目的のマリファナが解禁されている中、先進国の一つである日本は話題にすらあがらないのが現状です。

2016年、女優の高樹沙耶(益戸育江)氏が医療用大麻の解禁を訴え、参議院議員通常選挙に出馬しましたが、同氏は国内で大麻の所持をしている事がばれてしまい、大麻取締法違反(所持)で逮捕・起訴されてしまいました。


参照:J-CASTニュース

そんな事もあり、マリファナを合法化する道はさらに長くなってしまったかと思います。

スポンサーリンク

どんな人達がいるの?

マーチをしている人を見てみると、普通の人達からミュージシャンと様々です。

マリファナマーチだからといって、ラスタな格好を全面に押し出している人たちはそこまで多くないみたいです。

あたりまえではありますが、普通に街中を歩いていれば一般人と見分けがつかない普通の人達ばかりです。

いわゆる、麻薬中毒者の様に目がイッてたり、頭がおかしい人なんて誰一人も見当たりません。

ただ、マーチ参加者 の持つ共通点は難病に苦しむ人のために医療大麻の開放を願っているという事です。

スポンサーリンク

マーチの影響力や人々の反応は?

日本ではまだマリファナが合法化されていないという事だけにフォーカスをするのであれば、マーチの影響力は少ないとはいえます。

しかし、マーチの模様がSNS上でとりあげられていたりするので、そこを皮切りに多くの人達にとってマリファナの安全性・有用性について考えるいいきっかけになっていると思います。

マリファナに対して、犯罪や危険な麻薬といったイメージを持っている日本人はとても多いのが現状なので、こういった活動を通じて、本当の情報を沢山の人に届けているマリファナマーチは素晴らしいものだと思います。

その一方でやはりマリファナマーチに対して、少し非難すべき点や見直す点もあるみたいです。

例えば以下の動画なのですが、一般の人たちから見たらどうでしょうか?

もしアナタが大麻にとってなにも知識がなく、義務教育の内容だけがアナタの知っている大麻だとしたら?

おそらくアナタは、マーチをしている人たちは頭がおかしいとか、マリファナのやりすぎでこういう風になってしまっていると思うかもしれません。

一部ではありますが、Twitterから抜粋したTweetを載せます。

動画を見る限り、上記のTweetは確かに言えている事かもしれません。

しかしながら、実際にそのマーチを見てマリファナに興味を持ってくれる人が存在しているので、マーチのやり方についてはとても難しい議題だと思います。

ちなみに、TheHighClassのスタッフもマリファナマーチに参加派と非参加派に別れていたりもしますが、結局根底は一緒なので、喧嘩も争いも起こりません。

皆さんの中にもマリファナマーチを実際に見てこのページにたどり着いた人もいるかと思いますが、マスメディアや義務教育ではなく、自らの手で調べた『マリファナ』という一つのモノに対して考えて見て下さい。

【医療用大麻って何?】

そんな人にはこの本がオススメ!医療用大麻について一番優しく解説している入門書!

【今注目のベイプ】

医療大麻の合法化の為に
いいね ! してくれますか?