超簡単!マリファナ成分たっぷりの大麻バターを作っちゃおう!

done
FacebooktwitterFacebooktwitter

大麻バター、それはカンナビスバター(Cannabis Butter)やカナバター(Cannabutter) 等、ストーナー達の間では様々な呼ばれ方で親しまれているのが、簡単に言ってしまえば大麻の成分が含有されたバター。

少ない手順で作れるので、エディブルの中でも、最も自分で作る事が簡単だと言われています。

作り方に凝れば、時間も手順も難しくなるカンナビスバター作りではありますが、お手軽に作れるものでも十分に効きの強いカンナビスバターが作れるんです。

早速その作り方を見てみましょう。

あ、それと、ストーンの時に火や料理を行う場合は、十分に気をつけましょう!

準備するもの

  • マリファナ 0.5ポンド (約226g)
  • 無塩バター
  • 水(適量)
  • オーブン
  • グラインダー(もしあれば)
  • ボウル
  • フライパン
  • 耐熱容器
  • ナベ
  • 目の細かいストレーナー

スポンサーリンク

マリファナを用意

Cannabutter_02

この記事では、0.5パウンド(約226g)のマリファナを使います。

画像の見た目はマリファナの葉の部分ですが、無ければバッズでも構いません。

マリファナをグラインド!!

Cannabutter_03

画像の様なグラインダー(Meditainer)でなくても構いませんので、マリファナを細かくしていきましょう。

この位までマリファナを砕きましょう

grinned weed

正直、どの位細かく砕くかなんて気にしなくても大丈夫です。

ただ、粉末状になるまで砕くのはやめておきましょう

スポンサーリンク

砕いたマリファナをオーブンへ

baking weed

砕いたマリファナを入れたボウルに蓋をして、オーブンで焼きましょう。

温度は、115℃で60分のタイマーをセット。

この間は、途中でマリファナが焦げていないか、匂いでチェックしましょう。

ベイクしたマリファナはこんな感じ!!

baked weed

若干色がついている様に見えますね。

まぁ、焦げてなきゃいいんです、焦げてなければ…

ひとまず、マリファナはオーブンから出して、置いておきましょう。

バターを溶かそう!

melting butter

特別な事はありません、2本半のバターを溶かします。

平均的なバター1本は約113 gですので、およそ282.5gのバターを溶かす事になりますね。

ただの無塩バターを溶かすだけですが、この瞬間っていい匂いですよね~。

あぁ~、よだれがこぼれそう…

スポンサーリンク

気泡を取り除く

white bubble_cannabutter

バターを溶かしている間、表面に画のような気泡が出てきますので、それを取り除きましょう。

そんなに神経質にならなくてもいいですが、不必要な成分ですのでキレイにすくってやりましょう。

このぐらいでOK

cannabutter_after_taking bubble out

上記でも説明しましたが、神経質にならなくても大丈夫です。

上の画像くらいまでキレイに取り除けたら、一旦OKです!

溶かしたバターを耐熱容器へ

pouring to the pyrex cup

溶かしたバターはこういう耐熱グラスへ移します。

とっても熱いのでやけどには気をつけましょうね!

ポットにお湯を沸かしましょう

boiling water

これからお湯を沸かして、先程のバターと砕いてベイクしたマリファナを煮ます。

バターと砕いたマリファナを混ぜて熱する

simmering weed

この時に気をつけていただきたいのは、お湯で直接マリファナとバターを煮るのではなく、ボウルの中にマリファナとバターを混ぜていれ、それをポットで沸かしているお湯の熱で煮るという事です。

煮ている時はフタを忘れずに

lid

忘れがちではありますが、フタをしましょう。

途中でゆすりながら、30分くらい煮て下さい。

中の状況が見れるようにガラスのフタだといいですね。

バターとマリファナを濾す

using strainer

耐熱容器の上に目の細かいストレーナーを置いて、先程熱したバターとマリファナの混合物を濾しましょう。

ぎゅーっと、液体が枯れるまで絞りきる

push with spoon

この時にTHC入りの液体を絞りきるために、スプーンとかで押してしっかりと絞りきりましょう。

やっぱり、残ってたら勿体無いですからね!

スポンサーリンク

完成まであと少し!

one more step to go

絞りきった液体はこんな感じで深緑です。

見た感じかなり効きの強そうなカンナビスバターが出来上がりそうです。

ふふ、楽しみですね。

そして、冷凍庫へ

freaze it

冷凍庫へ入れて15分~20分くらいで出来上がりです。

こぼさないようにそぉ~っとね。

カンナビスバターの完成!

done

完成!

これでカンナビスバターは完成ではありますが、このバターを使ってクッキーだったりブラウニーを作るのが本当のゴールと言えるでしょう!

もちろんこのカンナビスバターをトーストに塗って食べてもいいですし、パンケーキに塗っても最高です。

但し、この方法で作ったカンナビスバターは、かなり効きが強いので、使用量に十分注意して下さい。

ビデオで見たい方は、下をチェック!

参照:YouTube

※加熱温度(240℃→115℃)に間違いがありましたので修正をいたしました。ご協力ありがとう御座います。

医療大麻の合法化の為に
いいね ! してくれますか?

  • 渡辺都和

    240℃ではなく240゜Fではないですか?
    240℃だと高温すぎてTHCは揮発してしまいます
    240゜Fは115℃です
    大麻の脱カルボキシル化について調べると100~150℃くらいの加熱が一般的なようです