見ないと損!マリファナと一緒に楽しむ映画【10選】

FacebooktwitterFacebooktwitter

7位 サウスパーク 無修正映画版

解説

アメリカを代表する、超有名大人向けアニメのサウスパーク。

可愛らしい見た目とは裏腹に、毎度下品な内容で笑わせてくれます。

今回ランクインしたのは、そのサウスパークの映画版です。

舞台はいつもと変わらず、アメリカのコロラド州ですが、事件のきっかけはカナダの下ネタ漫才コンビの”テレンス&フィリップ”。

そんなコンビが大好きなスタン達は、彼らに影響されて言動がとても汚くなり、ついには大人達がカナダへ猛抗議を開始します。。

テレンスとフィリップは諸悪の根源として捉えられ、公開処刑される事になってしまいますが…

正直、ストーリーの方はいつもと変わらぬ、ハチャメチャ振りです。

やはり、笑える映画とマリファナの相性は物凄く良いので、終始笑っている90分になるでしょう。

それにしても、サウスパークに現れるカナダ人は何故ああいうフォルムなのでしょうか…気になります。

スポンサーリンク

6位 マスク

解説

この映画も、コメディ映画の中ではかなり有名だった映画の内の一つです

マスクの原作はコミックだそうで、表紙を見る限りじゃ、かなり怖め。

ちなみにマスクの主演、ジム・キャリーはまだほとんど名前が売れてなかったにも関わらず、この映画で一躍トップスターへ仲間入り。

さらに、主演女優のキャメロン・ディアスもほとんど無名だったというんだからビックリ。

今はなんとも言えないですが、当時のキャメロン・ディアスのセクシー加減はたまりません!

ずーっと笑いっぱなしの映画なので、マリファナとも相性が良いのはもちろんの事。

あぁー、あんなマスクが欲しくなりますねー。

5位 21ジャンプストリート シリーズ  


解説

第5位にランクインしたのは、ジョナ・ヒル(シュミット)とチャニング・テイタム(ジェンコ)が主演の21ジャンプストリートシリーズ。

高校からの知り合いのシュミットとジェンコは、警察学校時代からダメダメな警官コンビ。

ある日、彼らが退屈な公園のパトロールをしていると、ドラッグディーリングの現場に立ち会ってしまいます。

激しい(?)チェイスの末に彼らを拘束したのですが、警官として大事な事を忘れてしまい、彼らは上司に大目玉を食らい、さらには部署の異動を言い渡されます。

新しい部署で命じられたのは、ある高校への潜入捜査。

その高校では、新種のドラッグが横行しているので、ソースを突き止めろとの事なのですが…

この映画、ラストシーン付近で超有名俳優がカメオで出演しています。

ちなみにその俳優も21ジャンプストリート出身だとか。。。

兎にも角にも、警官映画やドタバタコメディが好きな人は必見です。

スポンサーリンク

4位 無ケーカクの命中男 (KNOCKED UP)

解説

4位はカナダ発のコメディ俳優、セス・ローゲン主演の無ケーカクの命中男

タイトルのせいで正当な評価がされないとう事で有名な映画の一つでもあります。

この映画、大まかなストーリーとしては、一晩の遊びのはずが、アクシデントで赤ちゃんを身ごもってしまったカップルの出産をコメディタッチに描いたものです。

ほぼ毎日マリファナを吸っている、スタートアップで働くベン(セス・ローゲン)とニュースキャスターでバリバリのキャリアウーマンのアリソン(キャサリン・ハイグル)の喧嘩シーンが最高に面白いのですが、このシーンはきっと男性目線の面白さなのかもしれないです。

「昔お前に言ったこと覚えてるか? 錠剤と粉はダメ。地中で育つものは大丈夫」

上のセリフは、この映画の中で、ベンが父親に相談するシーンがあるのですが、そのシーンの一端に出てくるセリフです。

もちろん上のセリフをここで読んだだけでは、まったくもって何も感じないとは思いますが、これを映画で見ると、何か熱くて深い気持ちになる事必至です。

基本コメディではりますが、家族が出来るという気持ちや、感動をしっかりと味わえる、とても暖かい作品なので、マリファナを吸おうが、吸わまいが、見なくてはならない、最高の映画の一つです。

カップルが一つの家族に成るというステップに対して、協力し合う大事さがしっかりと描かれています。

アナタに大事な人がいて、将来を考えているのであれば、是非一緒に見ては如何でしょうか?

医療大麻の合法化の為に
いいね ! してくれますか?