医療大麻使用者がオススメするマリファナの使い方

FacebooktwitterFacebooktwitter

いきなりですが、マリファナって良いですよね!マリファナがいっぱいに詰まった袋の中に頭を突っ込んで深呼吸なんかしたらフレッシュな森を散歩してるのと同じぐらいリラックス出来ますよね!

もちろん、マリファナの香りを堪能するのもいいのですが、やっぱりマリファナは使ってこそだと思います。今回はそんなマリファナの使い方を、アメリカで医療用ライセンスを用いて大麻を使用していたボクの観点からお話をさせて頂きます。

この記事を通して、アナタに合った最高の使用方法を見つけて貰えばと思います。

ジョイント

ジョイント参照

一番一般的で手軽なマリファナの吸い方です。

巻紙とマリファナとライターがあればすぐに吸える為にとっても手軽で、一番安価に楽しめます。

papers参照

巻紙の種類はかなり沢山あるので、店で選ぶ時に絶対あれこれと迷ってしまいますが、それがまた楽しいですね!

巻紙の違いとしては色々なサイズがあったり、フレーバーがついてたり、ナチュラルな素材だったりと色々あります。

ちなみに一番クラシックでオススメな巻紙はRAWの1と1/4サイズです。

ナチュラルな素材で作られていて、紙がゆっくり燃えてくれるのでリッラクスしながらマリファナをエンジョイ出来ます。

ジョイント2参照

ディスペンサリーでマリファナと巻紙を買って、自分でジョイントを巻く人は多いのですが、プリロール(Pre-role)と言って、既に巻かれた物を買う人もいます。巻かなくて良いのでとってもお手軽ですね。

ちなみにプリロールは1本から約$5~で買えるのですが、ディスペンサリーによっては、一回の買い物である一定以上の量や金額分買うと、おまけでくれるところもあります。

そういう時って、結構嬉しいですよね!

ジョイント参照

ジョイントは友達と回し吸いするのが一番楽しめます。

会話も弾むし、いろんな事を話せるし、幸せな体験が出来る事間違いなしです!ぶっといジョイントを巻いて、みんなで回しながら吸いましょう。

スポンサーリンク

医療大麻の合法化の為に
いいね ! してくれますか?