マリファナと3人の五輪金メダリストの密接な関係

FacebooktwitterFacebooktwitter

ロス・レバグリアティ(Ross Rebagliati)

ross出典

陸上選手の次は雪上のアスリート、ロスを紹介しよう。

彼はカナダのスノーボードの代表選手だ。

日本人であれば、彼の名前が記憶の片隅に残っている人が少なからずいるはずだ。

何故なら、過去のオリンピックで、沢山のニュースが彼を取り上げたからだ。

そして、取り上げられた理由はもちろん彼のメダルとマリファナが関係している。

1998年、初めてスノーボードがオリンピックの正式種目になった年、彼は素晴らしいパフォーマンスを発揮し、金メダルを勝ち取った。

しかし、彼のニュースはそこでは終わらなかった。

競技の後、選手たちが受けなければいけないドラッグテストで、彼の循環器官からマリファナの薬効成分が見つかり、オリンピック協会は彼からメダルを剥奪しようとした。

最終的に、彼のメダルは剥奪されずに済んだのだが、その理由というのが、彼の代表国であるカナダではマリファナの使用は合法であり、壮行会で彼の為に集まった人達が吸っていたマリファナの煙が原因だった。

何年も前の話しだから、真偽の程はどうであれ、今では彼も立派なグロワー(マリファナ栽培家)の一人だ。

記事が気に入ったら
いいね ! してね