マリファナと3人の五輪金メダリストの密接な関係

marijuana-and-olympians
FacebooktwitterFacebooktwitter

最近、国際オリンピック協会がマリファナの使用や、ドラッグテストの考え方を変えたって知ってた?

その規則が変更された意図は分からないけど、協会もついにマリファナを悪と結びつけるのはバカバカしいって気づいたのかもしれないね。

今回はそんな背景もありつつ、マリファナ使用歴が有る、もしくはマリファナサポーターのオリンピックメダリストについてまとめたので、是非読んで欲しい。

これを読んだ後に、マリファナが身体機能を落とすなんて、そんな間違った知識は無くなるだろう

マイケル・フェルプス (Michael Phelps)

goldmedalist_and_weed_01出典

まずは、恐らく誰もが知っているであろう、”水の超人” マイケル・フェルプス。

彼は今のところ、金メダルを23個も獲得し、その記録は実に紀元前152年に樹立された「ロードスのレオニダス」を上回るっていうんだから、歴史上に残るぐらいすごいアスリートだ。

そんな偉業をなし遂げた彼なんだけど、やっぱり好きな物は好きな訳で、マリファナ愛好家として嗜んでいる姿を地元のニュース記者によって公開されてしまったんだ。

goldmeadlist_01参照:Huffingtonpost For The Win

このシーンが公開された後、フェリプス氏は競技から3ヶ月間の出場停止の処分になった。

当時は、マリファナがアスリートには悪影響だっていう背景があったから、そういう処分を受けてしまったのは仕方が無い事なんだ。

しかしなが、マリファナを吸っていながらも、彼の様な人間離れした記録を作っている人がいるっていうのは本当に驚くべき事だ。

マリファナは悪影響だ!なんて事は、もう簡単には言えない世の中になってきているのが感じられるだろう。

記事が気に入ったら
いいね ! してね