米国史上初!デンバーが公共の場でマリファナの使用を認めた

FacebooktwitterFacebooktwitter

大麻の使用が可能になる場所とは?

現時点で明らかになっているのは、レストランやバー、さらにサービスの提供を必要としないアートギャラリーやヨガスペース等の公共の場です。

しかしながら、そういった全ての場所で大麻の使用が認められるわけでは無く、近隣住民の許可が事前に必要になるとの事です。

さらに、レストランやバーでのマリファナの使用は可能ではありますが、現時点では法律によってマリファナを販売する場所と飲食物を販売する場所は混在してはいけないそうです。

今回の投票を機に、デンバーはさらにマリファナに寛容な街へ変貌しつつあります。

近年では、米国各所で医療用・嗜好用マリファナについて解禁の流れが続いています。

オランダの様に、コーヒーショップでマリファナの購入が認められ、公園でまったりと過ごす事が出来るようになる日も、そう遠くなさそうです。

日本でも、本来は身近だった存在のマリファナを、一刻もはやく取り戻せるように願うばかりです。

もしアナタが何か言いたい事や、興味のある事があるのであれば、ぜひともコメント欄に残そう。それを元に、The High Classのスタッフが調べたり、記事を書きくもしれない。さらに、この記事がアナタの為になったのであれば、SNSで是非ともシェアして欲しい。アナタの為になった記事は、きっと誰かが探していた情報かもしれない。

参照
Beer? Wine? Or weed? Denver approves Prop. 300
Denver Is the First City to Allow Marijuana in Bars and Restaurants
Photo : Mateusz Atroszko

医療大麻の合法化の為に
いいね ! してくれますか?