大麻の使用は車の運転に対して、ほぼ無害だと研究で発表される

drunk_driving_weed
FacebooktwitterFacebooktwitter

飲んだら乗るな。飲むなら乗るな。

もちろんこのキャッチコピーを知っている人は大勢いるだろう。

近年では、飲酒運転の罰則も厳しくなり、酒気帯び運転者の車に同乗しただけでも、罰則の対象にされるようになった。

当たり前ではあるが、軽く酔っていただけでも十分に判断力が落ちるので、飲酒運転はとてもリスキーな行為だ。

話しが少し逸れてしまったが、酒気帯び運転とよく引き合いに出されるものが、大麻を使用した状況下での運転による事故のリスクだ。

世間に出回っている、合法ハーブ使用者とその交通事故・事件のせいで、大勢の人が勘違いしてしまっているのだが、マリファナと運転による事故のリスクの因果関係は、実のところ極めて低いという研究結果がでている。

スポンサーリンク

合法ハーブと車の運転


出典

マリファナと運転のリスクの話の前に、上の画像を見て欲しい。

キミ達の中にもこういうシーンを夜のニュースで見た事がある人はいるだろう。

これは合法ハーブ使用後に運転をし、最悪な事に複数人に怪我を負わせ、1人を死亡させてしまった。

こういった事件が起こると合法ハーブ=危険という図式が出来上がり、合法ハーブとマリファナの違いがわからない世間からはマリファナ=危険 という最悪なイメージが簡単に出来上がってしまう。

しかしながら、そういったレッテルはあくまで世間やメディアの作り上げたイメージであり、断じて正しい情報ではない。

識者や世界のニュースに耳を傾けている人たちは、そういった情報が全くの嘘だと知っているのだ。

しかしながら、残念な事にネガティブな印象というのは特に伝染がしやすいのだ。

スポンサーリンク

医療大麻の合法化の為に
いいね ! してくれますか?